かんたん  たのしい  ここちいい


by lovelovebianca

秋の香り、いかが?

朝晩が少し肌寒くなりましたね。
今日はoyomeが更新しています。
前々回より「fのゆらぎ」「秋の風物」と来ましたので、今回は「秋の香」にしてみました。
夏はアロマオイルでキリッとhappyに過ごし、秋はしっとり香で、、、
とはいっても香りの種類ではなく、炊き方、のお話です。

 香の炊き方のひとつに「炭団(たどん)」を使うものがあります。
字のごとく炭を使うんですが、カップの8分目あたりまで灰を盛り、
火をつけた炭団を乗せて上から軽く灰をかぶせるんです。
そしてその上にお好みの香を乗せ燻しながら焚きます。
本来なら練り香や、印香(香を紅葉や梅の型に固めたもの)が適当なようですが、
スティックでも大丈夫です。
私は、長さ10センチのスティックを3分割にして乗せています。
少し控えめに長く香らせたければ炭団から離して置きます。

スティック立てに見られるような、直接お香に着火するのと
どうちがうかというと、そーですね〜香りは柔らかく感じられます。
それから、手はかかるけど炭団に火がついたかな? ちゃんとお香が焚けるかな?
なんて思いながら準備するのって楽しいです。
電気のスイッチのようにちゃっちゃと着かないゆる〜い作業が
いかにも秋っぽくて、、、、好きだったりします。


b0024707_23265747.jpgb0024707_23271123.jpg











炭の中に埋めた炭団に火がついているか確認する時は
そっと手をかざしてみて。ほんのり温かさが伝わってくるから、、
[PR]
by lovelovebianca | 2005-09-28 00:46 | Daily365