かんたん  たのしい  ここちいい


by lovelovebianca

<   2005年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


続いては大きい子クラス。こちらは3歳から6歳(幼稚園に上がる子)までを
対象としたクラスです。
さすが、ちょっと大きいだけにみんなすごい!まず色素をまぜる段階で
もっと明るいブルーがいい!ピンクの色もっと強く!!
アーティストだなぁ〜〜。
小さい子クラスは出来た粘土で遊ぶ事が一番楽しかったみたいだけど
大きい子クラスは作る段階でみんな自分でやりたい!って。
手でまぜまぜ、色素いれてまぜまぜ、メープルシロップやバニラエッセンスで
香りをつけて〜〜〜う〜〜〜おいしそうなにおいだ〜〜!
b0024707_1525170.jpg
みんなほんとに一生懸命!
b0024707_15221912.jpg
b0024707_15244647.jpg

[PR]
by lovelovebianca | 2005-08-20 15:26 | レポート

BiancaBianca in King's kids (USA)

b0024707_1552960.jpg

アメリカはテキサス州にある小さなPreschoolにて
Biancaの小麦粘土講習をしてきました。
この写真は1歳半から3歳までのクラスでみんなで11名♪
みんな一生懸命になってもみもみもみもみ...。かっわいい。
小麦粘土の良い所はおちびちゃん達が万が一お口に入れてしまっても安心な所。
なんといっても食べれる物だけを材料としているので、
こんな小さい子供達でも安心して講習が受けれるんです。
子供は万国共通!みんなわいわい!きゃーきゃー!言いながら作っていました。
子供の想像力ってすごい!色々な動物や形を作ってくれました。
b0024707_1526673.jpg

↑使用した材料はすべて食品売り場でそろいます♪
b0024707_15271636.jpg

子供達のきらきら光る目を見ていると、これからもやっぱり
環境の事を考えて、安心でしかも楽しい物づくりをしていきたいなって
思いました。う〜〜〜んBiancaは海を越えて!!また海外講習したいな〜〜!
[PR]
by lovelovebianca | 2005-08-20 15:15 | レポート

人工大理石のお手入れ

 暑中お見舞い申し上げます。
どこもかしこも暑くなりましたね。
みなさまいかがお過ごしですか?

さて今日はタイトル通り、人工大理石のお手入れをちょっと紹介します。
10年くらい前からでしょうか、キッチンのワークスペースとして
ステンレスに代わって取り入れられるようになったのは。
天然大理石には手が届かないし、汚れの飛び散る料理するなんて恐れ多いんだけれど
人工なら価格もまずまず、そしてちょっとだけリッチ感があるので、
スピードクッキングな私でも、ひと手間加えて作ってみる?
、、、そんな気にさせてしまいます。

ですが、意外とお手入れの方法がわからないんですよね〜
耐久性はありそうですが、ステンレスほどガシガシやっていいものなのか。。。
基本は汚れをためない事で、毎日さくっと水拭きします。

、、でも色目の濃いお茶やコーヒーがこぼれると染みになる事なきにしもあらず。
そんなときは重曹を水で溶いてゆるいペースト状(マヨネーズくらい)にし、
適当に切ってくしゅくしゅにまるめたサランラップにつけて
軽ーくかるーく磨いてみてください。
大胆にがーーーっといくのでなく、こまかくまぁるく円を描くように。

意外ときれいに落ちるんですよ。
ポイントはスポンジよりもラップです。
スポンジは水分を吸収してしまうから重曹が乾いてきつめに研磨がかかってしまいます。
ですから吸収しないラップがおすすめなんです。
あとは、水でよく拭き取ってあげてください。

あら、、、、うちには重曹なんてないわとおっしゃる方、
市販のクリームクレンザーでもできますよ。

あえて言うまでもありませんが、最初は隅っこの方でお試ししてくださいね。
[PR]
by lovelovebianca | 2005-08-11 12:42 | ナチュラルクリーニング